マンプロ

管理組合理事会の困ったときサポート組織

マンプロ

外断熱(外貼り断熱工法) そとだんねつそとばりだんねつこうほう (お役立ち用語)

(2016年5月12日)
外断熱(外貼り断熱工法)とは、従来の工法では室内側に設置されていた断熱材を、室外側に設ける工法です。室内への外気の影響を少なくする構造です。

コンクリート造の建物では、これまでの工法では外壁のコンクリートで雨や風を防いできました。コンクリートは木などの素材に比べると、耐久性に優れていますが、日光を浴びると太陽熱を蓄積し、建物全体の温度を上げていきます。逆に、冬や夜間には蓄えた熱を放射し、建物全体の温度を下げます。その結果、「夏は暑く、冬は寒い」と言われ、都市の熱帯夜の原因でもあると言われてきました。

sotodannetu

コンクリートの温度変化を防ぐ、外断熱

そこで、鉄筋コンクリート造等の建物の外側に断熱材を張る事で、コンクリートの温度変化を防ぐのが、外断熱の構造です。外壁に断熱材をはる事により、コンクリートは室内に近い温度となり、外気の影響を受けにくくなります。その結果、温度変化による劣化も進みにくくなります。また、これまでの工法による都市の熱帯夜を抑制し、室内の冷暖房費を抑える効果があります。
そうした点からも「地球に優しい工法」であるとも言われています。
外気の温度変化を受けにくくなるため、結露防止やアレルギー対策になるとも言われ、欧米では非常に普及している工法です。

sotodan2

欠点と対策

欠点としては、外壁がコンクリートではないので、強度面の確認が必要です。
設計時には建物の耐震性能や構造計算が重要になります。
堅牢なコンクリートが外側に設置されている工法ではないため、大規模修繕時には、長年のビス等の劣化を専門機関によって調査確認していくとよいでしょう。また、機密性が高い分、逆に内部の湿気が外に出にくいという事があります。
湿気はカビや結露の原因となりますし、コンクリートに進入すると、鉄筋が錆びてしまい強度が劣化します。
外側からはわかりにくい傾向もありますので、専門のコンサルタントによって内部の状況調査を行うこともオススメします。

※図は模式図(プリンシプル住まい総研作成)

投稿者:マンプロ編集長 (67)
LINEで送る
Pocket

運営会社:株式会社翔設計
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-24-15
鈴福ビル
電話:0120-030630
FAX:03-5410-2560
e-mail:info-manpro@sho-sekkei.co.jp