マンプロ

管理組合理事会の困ったときサポート組織

マンプロ

監事 かんじ (お役立ち用語)

(2016年5月14日)
監事監事とは、マンション管理組合においては重要な位置づけを持つ仕事です。宴会の「幹事」とは全く字が異なるポジションです。監事は、その管理組合の会計に関することと、理事会の業務執行について監査する役割を負っています。

 

 

 

監事の役割

 監事の役割は、理事会の議決や運営により、会計上の問題を起こしたり業務執行について間違いを起こしたりしないよう、監査する事が大切な仕事です。

監事

監事は、理事会では特別な役割を持ちます

議決には加われない

監査するのが仕事ですから、理事会には出席できますが理事会での議決に加わる事ができません。自分で多数決に参加しておいて、ところで正しい判断だったかを客観的に監査することはできないからなのです。

標準管理規約に定める監事の職務

標準管理規約に定める監事の職務は、次のとおりです。

(監事) 
第41条 

  1. 監事は、管理組合の業務の執行及び財産の状況を監査し、その結果を総会に報告しなければならない。
  2. 監事は、管理組合の業務の執行及び財産の状況について不正があると認めるときは、臨時総会を招集することができる。
  3. 監事は、理事会に出席して意見を述べることができる。

 

監事が欠けた場合

会計などの管理を行う大切な役割なので、いないくなってしまうと事務が止まってしまいます。
そこで、区分所有法50条4項によると「監事が欠けた場合において、事務が遅滞することにより損害を生ずるおそれがあるときは、裁判所は、利害関係人又は検察官の請求により、仮監事を選任しなければならない」とされています。

管理組合法人と理事との利益が相反する時

客観的に見る監査役でもある為、管理組合法人と理事がもめてしまった場合に、理事を代表とすることが出来ない為、監事が管理組合法人を代表することが、区分所有法51条に「管理組合法人と理事との利益が相反する事項については、監事が管理組合法人を代表する」とされています。

投稿者:マンプロ編集長 (67)
LINEで送る
Pocket

運営会社:株式会社翔設計
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-24-15
鈴福ビル
電話:0120-030630
FAX:03-5410-2560
e-mail:info-manpro@sho-sekkei.co.jp

side_bn_02