マンプロ

管理組合理事会の困ったときサポート組織

マンプロ

階高 かいだか (お役立ち用語)

(2016年5月30日)
階高階高とは、その階の水平基準面から直上階の水平基準面までの高さのことです。

 

階高とは

階高は、図のように『階高=天井高+床下(の深さ)+天井裏(の高さ)+スラブ厚』となります。

階高(模式図・プリンシプル住まい総研作成

階高(模式図・プリンシプル住まい総研作成

 

居室の天井の高さは、建築基準法によると2.1m以上と定められているので、 階高はスラブ厚などを含め2.4m以上あればよいことになります。しかし、それ以上広ければゆったりした構造となり、建物の資産価値は高まります。 同じ高さのマンションであっても、階数を増やして販売戸数を増やすという戦略で設計されているとこの階高が低くなります。すると、空間的に天井高が低くなったり、屋根裏や床下が狭い(あるいはない)物件となります。そうした物件は、リフォームしにくくなったり、防音性能が落ちてしまったりします。

投稿者:マンプロ編集長 (67)
LINEで送る
Pocket

運営会社:株式会社翔設計
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-24-15
鈴福ビル
電話:0120-030630
FAX:03-5410-2560
e-mail:info-manpro@sho-sekkei.co.jp

side_bn_02