マンプロ

管理組合理事会の困ったときサポート組織

マンプロ

アウトフレーム工法 あうとふれーむこうほう (お役立ち用語)

(2016年5月12日)
柱アウトフレーム工法とは、
柱や梁を住戸の外側(主にバルコニー側)に出すことにより、
住戸の室内側に、柱や梁の出っ張りをなくすための工法です。

 

ラーメン構造の場合は、強度を保つために、柱と梁を剛接合します。

この際、どうしても、柱周りに、出っ張りができてしまいます。

下図のような、間取り図のようになり、窓側部分などが空間として狭くなってしまうのです。

ラーメン構造

ラーメン構造では、部屋の内部に柱の出っ張りが出ます

そこで、アウトフレーム工法では、柱や梁を住戸の外側(主にバルコニー側)に出すことにより、住戸の室内側に、柱や梁の出っ張りをなくすための工法です。

居室空間が有効に使えるというメリットがあります。

アウトフレーム構造

アウトフレーム工法では、柱や梁を住戸の外側(主にバルコニー側)に出すことにより、住戸の室内側に、柱や梁の出っ張りがなくなります

下図のように、並べて比較すると、居室の有効面積の違いをイメージすることが出来ます。

アウトフレーム構造の違い

右がアウトフレーム工法※図は模式図(プリンシプル住まい総研作成)

投稿者:マンプロ編集長 (67)
LINEで送る
Pocket

運営会社:株式会社翔設計
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-24-15
鈴福ビル
電話:0120-030630
FAX:03-5410-2560
e-mail:info-manpro@sho-sekkei.co.jp

side_bn_02