マンプロ

管理組合理事会の困ったときサポート組織

マンプロ

【外部セミナー告知】10/12、簡易起震装置「てんとう虫」の完成報告会のお知らせ (管理組合トレンド)

(2016年9月13日)
てんとう虫 ロゴ10/12、簡易起震装置「てんとう虫」の完成報告会が開催されます!

マンプロセミナー開催の折に触れ公開実験を重ねておりました簡易起震装置「てんとう虫」に関しまして、お知らせがございます。

このたび、かねてより目黒教授と翔設計とでタッグを組んで開発を進めておりました「てんとう虫」の、完成報告会が開催される運びとなりました。
またその際、あわせて一般社団法人「防災事業経済協議会」発足のご案内も致します。

以下詳報です。

日程・場所等

  • 開催日:10月12日(水)
    講演会 15:00 ~ 18:00(無料)
    懇親会 18:10 ~ 20:00(3,000円)
  • 会場:東京大学駒場Ⅱキャンパス(生産技術研究所)S棟1階プレゼンテーションルーム >> map
  • ※懇親会会場は、キャンパス内レストランで開催いたします

  • 運営事務局:株式会社翔設計

講演概要

  • 目黒教授講演 ~地域防災活動で家具転倒防止策を具体的に広げる!~
    「てんとう虫」による家具転倒防止効果シミュレーション
    過去の地震波の再現実験
  • 一般社団法人 防災事業経済協議会 設立のご案内

同時開催

  • RC-77ワーキンググループおよびメンバーに企業による展示

 

「てんとう虫」は、もともと地域防災に携わる行政機関(地方自治体や消防関係機関など)や企業に向けて開発が進められておりました。
その初実験の際、翔設計代表取締役の貴船は考えました。

「この実験は、家具転倒防止の必要性を知ってもらう方法として、非常に効果的なのでは」
「マンションに居住している全てのみなさまに『てんとう虫』の実験を見てもらいたい」

そのような思いからマンプロでは「てんとう虫」を使った実験を都度公開してまいりました
その「てんとう虫」がついに完成し、本特別講演会にて完成報告されることになったのです。

講演でお話になる目黒教授は、東京大学に籍を置く工学博士です。
地震工学の権威であり、ご自身の名前を冠した目黒研究室では、大地震によって引き起こされる被害や社会機能の障害を最小限に抑えるための戦略などを主に研究しています。
「てんとう虫」は、その研究の中で生まれた実験装置になります。
講演時間は15:00~18:00の3時間、たっぷりと時間をとって行われる予定です。

目黒教授

目黒教授

家具転倒をはじめとするマンションの防災対策について、もっと深くお知りになりたいとお考えの方は、ぜひご参加ください。

もうひとつご報告がございます。
本講演の際、あわせて一般社団法人「防災事業経済協議会」発足のご案内も致します。
防災活動の社会的発展に寄与するために、翔設計主導で設立した協議会です。
詳細に関しましては、本講演の中で説明させていただきます。

なお、当講演にご参加いただくには、事前のお申し込みが必要となります。
参加申込は、セミナー懇親会申込フォーム・電話(0120-030-630)・FAX・メールにて受け付けております。お気軽にお申込ください。
※席に限りがありますので、お申し込み多数の場合はマンプロ会員様優先とさせていただきます。会員登録は、会員申込フォーム(入会金・年会費無料)・電話(0120-030-630)・FAX・メールにて受け付けております。

セミナー懇親会申込フォームへ
投稿者:マンプロ編集長 (23)
LINEで送る
Pocket

運営会社:株式会社翔設計
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-24-15
鈴福ビル
電話:0120-030630
FAX:03-5410-2560
e-mail:info-manpro@sho-sekkei.co.jp