マンプロ

管理組合理事会の困ったときサポート組織

マンプロ

【セミナーレポート】「災害に強いマンションのつくり方」「大規模修繕の進め方 ~コスト削減と合意形成~」ほか8/27開催分 (管理組合トレンド)

(2016年8月30日)
2016年8月27日開催、セミナーレポート!「災害に強いマンションのつくり方」「大規模修繕の進め方 ~コスト削減と合意形成~」ほか
一月半ぶりに、マンプロセミナーを開催いたしました!
回を重ねるごとに盛り上がりをみせていくマンプロセミナーの様子を、今回もレポートいたします。

セミナー「災害に強いマンションのつくり方」

降りしきる雨のなか、本瀬氏による講演がスタートいたしました。
勝どきにある、一団地として国内最大の戸数を誇る大規模マンション「THE TOKYO TOWERS」。
以前告知もさせていただきましたが、本瀬氏は THE TOKYO TOWERS の防災チーム長を務めていらっしゃった方です。
スクリーンを挟で向かいには、翔設計代表の貴船がナビゲーターとして、一歩踏み込んだ質問をしていきます。

穏やかに語る本瀬氏

穏やかに語る本瀬氏

常に防災の最先端を走り続けている本瀬氏の講演内容は、とてもドラスティックなものでした。

「大地震が起きたら電気が止まる。電気が止まればエレベータも止まる。周囲の環境によっては、最悪一ヶ月の篭城生活を覚悟しなければならない。生きていくのに必要な物資の多くは、自助と共助でまかなわなければならない。行政は…」

厳しい言葉の数々ですが、本瀬氏の口調はあくまで穏やかです。
だからこそ、感じずにはいられませんでした。本瀬氏は大げさな言葉を選んでいるわけでもなんでもなく、ただ、ご自分に見えている現実を伝えようとしているだけなのだ、と。

ナビゲータを務める貴船社長

ナビゲータを務める貴船社長

「一点、私のほうから補足いたしますと――」

そのように、ともすると緊迫な雰囲気になっていくセミナーでしたが、時折入るナビゲーターの重厚かつ柔らかなバリトンボイスが、その都度空気を和らげていくのでした。

今回申し訳ございませんが、本瀬氏のセミナー内容の詳細はここでは明かすことができません。それだけインパクトの大きなものだったとご理解ください。
どうしても内容が気になる方は、マンプロまでお問い合わせください(無料の会員登録が必要です)。
 

セミナー「大規模修繕の進め方 ~コスト削減と合意形成~」

そして第二部は、前回好評を博しておりました呼子がお送りする「大規模修繕の進め方」の第二段、「コスト削減と合意形成」です。
第一段が大規模修繕工事の概論とすれば、第二段は各論にあたります。
プロジェクト全体を以下の項目に分け、説明がなされました。

  • プロジェクトスタート
  • 調査診断
  • 工事仕様の決定
  • 工事中の監理
  • 工事会社選び

事例や資料を軸に論理的に展開されつつもどこか軽妙で、かつ哲学的なエッセンスまでも混ぜ込まれた呼子ワールドが、 今回も順調に世界観を作り出していきます。
そんななか、翔設計独自の取り組みとして、今後大規模修繕に防災を組み込んでいくという方針を明らかにされたことが印象的でした。

大規模修繕の進め方を、各論に分けて語る呼子氏

大規模修繕の進め方を、各論に分けて語る呼子氏

中盤では少し趣向を変え、呼子の弟子にあたる前田プロより、「マンションの調査診断」についての説明が行われました。
自身もマンションに住み、二児の父である前田プロのコンサルティングは、誠実で実直であるとともに、そこに住まう人たちの生活に常に寄り添っていることで知られています。調査診断と同様、わずかな漏れも手抜きもない精密精微な説明に、みなさまのメモを取る動きが加速したように見えました。

「調査の段階から防災に意識を向ける。調査診断に防災の視点を取り入れる。それが我々が考えた、新しい大規模改修のあり方です」

呼子が指し示した方針を、改めて力強く宣言した前田プロでした。

今回残念ながらセミナーに参加できなかった方も、上記のなかに実際に気になるテーマや疑問がありましたら、「プロに相談」コーナーでお気軽にご相談ください。
プロがていねいにご案内いたします。

懇親会

セミナーのあとは、「家具転倒実験機 てんとう虫」の実演会を挟みつつ、恒例の懇親会に移っていきました。今回は貴船社長より、スプマンテ及び日本酒の差し入れが数本ありました。
さらに、ケータリングサービスを使ったので、キンキンに冷えた生ビールが振舞われました。
スプマンテの銘柄は「チンザノ ピノ・シャルドネ」。イタリア北部のピノ・ビアンコ種とシャルドネ種から造られる、豊かな泡立ちの辛口スプマンテでした。とてもはっきりとした辛さでしたね。のど越しを楽しんだあとに鼻から抜ける香りもよく、気軽に楽しむにはとてもよいスプマンテだと思います。牡蠣などによくあいそうですね。
日本酒については多くを語る必要はないでしょう。「獺祭三割九分」でした。
そのほかにも各種サワー系、カクテル類、赤、白、ウイスキー等々、本格嗜好の方からライトに飲みたい方まで、皆様の趣味嗜好をしっかり押さえたラインナップが用意されています。はい、もちろんマンプロは、懇親会も全力です。

しかし皆さんにとっては、お酒よりずっと気になっていることがあるご様子です。それはマンション運営について。
イスを片付けたフロアに、すぐにいくつもの輪ができました。講演者やマンプロスタッフたち、そして、理事の方々が作り出す、マンションの輪です。各輪で、すばらしく熱のこもったトークが繰り広げられていきます。

ザワ、ザワザワ…

そんな中でした。その人物が、おもむろにフロアに入ってきたのは。黒ひげを蓄え、堂々とした体躯の、鋭い眼光をした人物でした。

「みなさまに紹介いたします」

マイクを手にした貴船社長が、朗々と、歌い上げるようにその方を紹介しました。

「てんとう虫の生みの親、東京大学の目黒教授です」

どよめき、そして拍手。さらに乾杯。

東京大学の目黒教授

東京大学の目黒教授

というわけで、マンションと防災に関する話題はつきることはありませんが、素晴らしい時間はあっという間に過ぎるもの。
ついにお別れの時間がやってきてしまいます。
みなさま、思い思いのタイミングで、しかし名残惜しげに翔設計を後にされていきました。

「次のセミナーはいつだね?」

帰り際に、とある方からこんな質問が。

9/10に、ちよだプラットフォームスクウェアで開催いたしますよ

こちらもお見逃しなく。席に限りがありますので、早めにお申し込みください。

名刺交換の様子

名刺交換の様子

ご意見をうかがうマンプロスタッフ

ご意見をうかがうマンプロスタッフ

マンプロでは、このようなセミナーを今後も継続していきます。
興味があるかたはぜひ次回のセミナーにご参加ください。セミナー懇親会申込みフォームよりお申し込みいただけます。

その他、今すぐ知りたい情報や、お悩みをお持ちの方は「プロに相談」しましょう。
プロが長年の経験を元にしっかりと回答いたします(無料の会員登録が必要です)。

なおここで、マンプロファンの皆様に大切なお知らせがあります。
きたる11/26のセミナー後に、忘年会を開催することが正式決定いたしました!
詳細はまた追ってのご報告になりますが、おそらくビンゴやります! お酒も特別なものを用意いたします! もちろんマンションのプロもたくさん用意いたします! 続報は随時当サイトでお知らせいたしますのでお待ちください!

投稿者:マンプロ編集長 (23)
LINEで送る
Pocket

運営会社:株式会社翔設計
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-24-15
鈴福ビル
電話:0120-030630
FAX:03-5410-2560
e-mail:info-manpro@sho-sekkei.co.jp