マンプロ

管理組合理事会の困ったときサポート組織

マンプロ

6/23(日)、東京本社にてセミナー開催!「マンションの防災を考える」~防災調査・診断をふまえて~ (管理組合トレンド)

(2019年6月6日)
6/23、東京本社にてマンプロセミナーを開催いたします!

最近急に暑くなりましたがみなさまお元気ですか。
そろそろ梅雨入りする模様ですが、梅雨の準備はみなさまお済みでしょうか?
私はベランダで芽を出したばかりのバジルを玄関に避難させようかどうかただいま悩み中です。
先日ちょっと勢いよくジョウロから水を出しただけで、流されて行きましたからね。
あれから多少は育ちましたが、ちょっと強めの雨でも降ったら耐えられるかどうか・・・

また、昨年は関東こそ異例の早期梅雨明けとなりましたが、西日本では台風7号も重なり記録的な大雨が発生しました。
この影響で、河川の氾濫、浸水害、土砂災害等が発生するとともに、全国各地で断水や電話の不通等ライフラインへの被害や、鉄道の運休等の交通障害も発生したことは、皆様の記憶にも残っているかと思います。

マンションにおいても、広島事務所に確認したところによると、管理組合の意向もあり公にはされていないそうですが、駐車場が土砂で埋まったり、停電発生により設備関係が止まったりなどの被害情報が複数件あったとのことです。

翔設計では、かねてより「マンション防災」に取り組んでおります。
また、当社代表が設立発起人であり活動を続ける一般社団法人防災事業経済協議会(通称:BOCO)でも社会の災害レジリエンス(回復力・復元力)の向上への寄与を目的とし活動を続けております。

そのような活動を踏まえ、本セミナーではマンションの防災について考えていきます。

たとえば大規模地震が発生した直後、家の外に出ようとして出られないといった室内の閉じ込め被害が多く発生していたことはご存じでしょうか。
単純に開けるだけなら、軽度のゆがみでしたらバール(室内にあればですが)などでこじ開けることもできるかもしれません。しかし、開けた後に閉まらないなどの問題が新たに発生しそうです。

このような二次被害への対策は十分取られていますか?
セミナーでは、まずはお住まいのマンションの防災力調査・診断についてご紹介するとともに、前述の例をはじめとした

「くるであろう地震にどう対応するか?」
や、
「大規模修繕時に災害が起きたら?」

などについて、一級建築士の視点と、マンション管理士の視点でお伝えいたします。
特に「災害の緊急時に対応した管理規約」については講師の関野がお話しいたします。

開催は6月23日(日)15:00からになります。
場所は前回と同じ翔設計本社ですが、いつもとは曜日が異なっており、日曜日の開催とさせていただいておりますのでお気をつけください。

もちろんセミナーの後のお楽しみ交流会もございます。
講師も加わり、気軽にご相談できる機会をご提供いたしております。
ご参加のみなさまに、楽しく有意義な交流の場が提供できましたら幸いです(交流会参加費1,000円)。

参加申込は、 セミナー交流会申込フォーム ・電話( 0120-030630 )・FAX・メールにて受け付けております。お気軽にお申込ください。
※席に限りがありますので、多数のご応募をいただいた場合はお申し込み順とさせていただきます。
※セミナーへのお申し込みをもって「マンプロセミナー会員」としてご登録させていただきます。

それではみなさまにお会いできることを、マンプロスタッフ一同心よりお待ちしております!

開催内容

  • 開催日:6月23日(日)15:00~
  • 会場:株式会社翔設計本社 1階セミナールーム
  • 主催・企画:マンプロ事務局
セミナー交流会申込みフォームへ

概要

  • セミナー
  • 交流会(参加費1,000円)
セミナー交流会申込みフォームへ

※詳細については、下記のパンフレットも合わせてご覧ください。

6月23日(土)セミナーパンフレット 表

6月23日(土)セミナーパンフレット 裏

 

アバター 投稿者:マンプロ編集長 (51)
LINEで送る
Pocket

運営会社:株式会社翔設計
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-24-15
鈴福ビル
電話:0120-030630
FAX:03-5410-2560
e-mail:info-manpro@sho-sekkei.co.jp