マンプロ

管理組合理事会の困ったときサポート組織

マンプロ

バルコニーの私物の扱いについて (管理組合トレンド)

(2018年5月31日)

Q.「大規模修繕工事のお知らせ」という通知があり、バルコニーで工事を行うので私物を片付けるように言われています。私の専有部は狭いので、物置等でバルコニーはいっぱいです。工事を断れるものでしょうか?また、断れない場合は業者か管理組合にお願いができるのでしょうか?

A.バルコニーは共用部分ですが、管理規約に基づいて専用使用しているものです。自分で対応できない物は業者に費用を払って作業してもらうのが一般的なルールで、修繕積立金が使われるべきものではありません。

 

 バルコニーの共用部分と専用使用

 バルコニーは共用部分ですが、管理規約に基づいて専用使用しているものです。その専用使用の前提は、共用部分の管理に支障のない方法で使用するというものです。

 共用部分の計画修繕の障害となる私物については、専有者の負担で片付ける等の対応が必要です。片付け作業を管理組合が善意で手伝ってくれる場合もあるかもしれませんが、原則は個人で行うもので、修繕積立金を使うべきものではありません。自分で対応できない物は業者に費用を払って作業してもらうのが一般的なルールと言えます。

鹿島出版会『そこが知りたい マンション大規模修繕Q&A』より引用

投稿者:マンプロ編集長 (37)
LINEで送る
Pocket

運営会社:株式会社翔設計
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-24-15
鈴福ビル
電話:0120-030630
FAX:03-5410-2560
e-mail:info-manpro@sho-sekkei.co.jp

side_bn_02