マンプロ

管理組合理事会の困ったときサポート組織

マンプロ

【セミナーレポート】「大規模修繕の基礎知識」 ほか (管理組合トレンド)

(2017年5月11日)
会場受付と翔設計ロゴマーク2017年4月22日開催、セミナーレポート!「大規模修繕の基礎知識」 ほか

まずはご報告から。

マンプロの拠点である翔設計本社(鈴福ビル)では、この先を見据え、昨年末頃から耐震補強工事を進めておりました。
そのためにご来客いただいた皆様方にご不便をおかけすることもございましたが、去る3月末、予定通り竣工を迎えることができました。

あわせて、新設された1階フロア(プレゼンテーションルーム)も開放される運びとなりました。

貴船プロ「これで、セミナーにいらっしゃる皆様のご不便を、幾分かは解消できるかな」
スタッフ「エレベータを待ちきれず、階段をお使いになる方もいらっしゃいましたものね」

これまで、翔設計本社で開催されるセミナーは、すべて6階で行われていましたが、実は以前から1階に、セミナーを開けるような大きなフロアを設けることを密かに計画しており、そしてこのたびついに実現させたのです。

このような背景もありつつ、満を持しての4月22日、この1階フロアにて、ついにマンプロセミナーが開催されました。

セミナーのオープニングは、翔設計代表貴船のご挨拶から始まりました。

オープニングは、翔設計代表貴船のご挨拶から

オープニングは、翔設計代表貴船のご挨拶から

次に「家具転倒実験機 てんとう虫」の実演と紹介動画公開を挟みつつ、いよいよメインセミナーの開始となりました。
今回の講師は呼子プロが務めました。
テーマは「大規模修繕の基礎知識」。大規模修繕の大本となる知識や、その本質をお伝えすべく、呼子プロがスタッフたちと協力しながら作り上げたプログラムです。
まずは写真で、セミナーの様子をご確認ください。

「大規模修繕の基礎知識」について語る呼子プロ

「大規模修繕の基礎知識」について語る呼子プロ

新設したフロアには巨大スクリーンが設置されていますので、後ろの席の方からもよく見えます

新設したフロアには巨大スクリーンが設置されていますので、後ろの席の方からもよく見えます

詳細をお手元で確認できますよう、今回もレジュメを用意いたしました

詳細をお手元で確認できますよう、今回もレジュメを用意いたしました

内容としては、計画修繕の有効性を示すところから始まり、大規模修繕工事の対象部分や、長期修繕計画などについても概要を解説していきました。
そして、責任施工方式と設計監理方式それぞれの特徴やメリットデメリットを挙げつつ、コンサルタント会社の存在の有用性について述べます。
さらに、大規模修繕計画を進めるにあたっての管理組合内の理事会と修繕委員会、総会との連携や、管理会社や工事会社及びコンサルタントとの関係性について、体制図も用いての説明へと続きます。

特に、コンサルタント会社の選定ポイントについては、皆様とても熱心に耳を傾けておられるようでした。
設計監理方式における管理組合のよきパートナーとなるコンサルタント会社については、だからこそ、その選定には頭を悩ませるでしょうからね。

大切なことですから、今回少しだけ触れさせていただきます。マンプロの考える、コンサルタント会社の選定ポイントとして重要な項目は以下の4つです。

  • 資本的にも営業的にも独立した、公正な第三者的立場で業務を完遂できる会社であること
  • 工事会社に対して、毅然とした工事監理ができる会社であること
    (駄目な工事はやり直しを指示・仕様書内容どおりの材料及び工法・工期遵守など)
  • お化粧直し的工事にとどまらず総合的な対応のできる会社であること
    (改良・改善提案業務・合意形成業務・各種ポスター掲示・説明会開催・クレーム解決窓口・アフターサービス実施能力など)

詳しい解説はここでは割愛させていただきますが、もっと詳しく知りたいという方は、どうぞ我々「プロに相談」してください。しっかりと回答いたします(無料の会員登録が必要です)。

また、管理組合員の皆様から集めた貴重な予算を使うことになるのですから、設計管理費(コンサルタント料)については特に気になるというものでしょう。
まっとうな設計事務所なら、国土交通省が示す「設計業務委託等技術者単価」に即しコンサルタント料を算出しているはずです。
適切なコンサルタント料に頭を悩ませていらっしゃる方は、こちらの情報をご参考になさってください。
こちらに関しましても、より詳しく知りたいという方は、どうぞ我々「プロに相談」してください。しっかりと回答いたします(無料の会員登録が必要です)。

上記を一例として、どれも基本的な事柄ではありますが、一つ一つを丁寧に、また、必要に応じて深く細やかにお伝えしていく呼子プロのロジカルかつ誠実な語りは、はじめて理事になられた方にはとても参考になるのはもちろん、ベテラン理事長においても、蓄積してきた情報の整理にもってこいなのでしょう。また、中には今抱えている課題や問題についてなんらかのヒントを得ようとしている方もいらっしゃるようでした。それを示すように、講演後の質疑応答の時間には、多くの方から質問・相談がありました。

スタッフ「スケジュールの都合上、一旦ご質問を締め切らせていただきます。まだお話を伺えていない方は、懇親会にてお時間を設けさせていただきますね」

もちろん呼子プロも懇親会には参加いたします。講演後、こうしてマンツーマンでお話ができるのも、マンプロセミナーの特徴の一つと自負いたしております。

そして今回は今までと趣を変えて、新しい試みを実施させていただきました。
ベテラン理事長をゲストにお招きし、大規模修繕工事実施にまつわる体験談をお話いただくというコーナーを設けたのです。
これからはじめての大規模修繕を迎える理事の皆様に少し中身を知っていただくことで、今後の活動の参考になればという思いがあっての企画でした。
そして意中の東京ベイスクエアプリズム理事長中原様には快くお引き受けいただけ、おかげさまで素晴らしいセミナーになりました。
今後も、経験豊富な理事様の体験談をお聞きいただく時間を設けていきたいと考えております。どうぞお楽しみに!

レーザーポインターを軽やかに操りながら、快活な口調で体験談をお話になる中原理事長

レーザーポインターを軽やかに操りながら、快活な口調で体験談をお話になる中原理事長

はじめのうちこそこのように、柱の陰で中原理事長を見守るマンプロスタッフたちでしたが、途中からはすっかり安心してトーク内容に聞き入っていました

はじめのうちこそこのように、柱の陰で中原理事長を見守るマンプロスタッフたちでしたが、途中からはすっかり安心してトーク内容に聞き入っていました

このように新しい試みも大成功となり、いよいよ皆様おまちかねの懇親会へと移りました。
今回はいつものように呼子プロを囲む輪と、それとは別に、中原理事長を囲む大きな輪もできあがっていたのが印象的でした。
そして、懇親会は我々スタッフたちの活躍のしどころでもございます。
皆様にご挨拶させていただきつつ、理事様同士の会話が弾む一助になるようがんばらせていただきました。
マンプロ写真部が撮影した写真を抜粋して何枚か掲載いたしますね。

理事様に名刺を差し出すマンプロスタッフ一年生と、その様子を暖かく見守る先輩スタッフ

理事様に名刺を差し出すマンプロスタッフ一年生と、その様子を暖かく見守る先輩スタッフ

理事様とベテランマンプロスタッフたち

理事様とベテランマンプロスタッフたち

理事様の質問に丁寧に答える前川プロ

理事様の質問に丁寧に答える前川プロ

懇親会もたけなわの時間帯。理事様同士も楽しそうに話されています。

懇親会もたけなわの時間帯
理事様同士も楽しそうに話されています

体験談でのご活躍を経て、満面の笑みで一息入れられている中原理事長

体験談でのご活躍を経て、満面の笑みで一息入れられている中原理事長
本当におつかれさまでした!

さて、次回のセミナーは既報の通り、横浜(6/3)・東京(6/4)のダブルセミナーです! もちろん懇親会も開催いたしますので、みなさまぜひご参加ください(懇親会参加費1,000円)。
セミナー懇親会申込みフォームよりお申し込みいただけます。
場所等詳細についてはこちらよりご確認ください。

投稿者:マンプロ編集長 (23)
LINEで送る
Pocket

運営会社:株式会社翔設計
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-24-15
鈴福ビル
電話:0120-030630
FAX:03-5410-2560
e-mail:info-manpro@sho-sekkei.co.jp