マンプロ

管理組合理事会の困ったときサポート組織

マンプロ

【セミナーレポート】 「理事会の為の大規模修繕の進め方 第3段」~成功例に学ぶ資産価値向上の近道~ ほか11/26開催分 (管理組合トレンド)

(2016年12月20日)
呼子プロ2016年11月26日開催、セミナーレポート!「理事会の為の大規模修繕の進め方 第3段」~成功例に学ぶ資産価値向上の近道~ ほか

11月26日、翔設計本社にて今年最後のセミナーを開催いたしました!
最後に本社でセミナーを開催したのは夏。気がつけば季節が移ろい、セミナーの二日前にはなんと観測史上初の11月の雪が、冬の訪れをこれでもかと宣言しておりました。
そしてセミナー当日の朝、マンプロスタッフが会場の空気を入れ替えようと窓を開け放したところ、当たり前ですが冷たい空気が部屋をあっという間に満たしていきました。

「寒いですね」
「ええ、けど気持ちいい!」

そんなスタッフたちの会話から数時間後、セミナーご参加のみなさまが、夏ぶりに、続々と当会場にお越しになりました。
その様子を眺めていた呼子プロは、このとき数日前のことを回想していたといいます。

呼子プロ:「今回は、初参加の方は多いのか?」
スタッフ:「はい、約3分の2が初参加になりますね」
呼子プロ:「そうか。――では、初めからだ」
スタッフ:「え?」
呼子プロ:「初めてお越しになったみなさまにも、第一弾と第二弾の内容をダイジェストでお伝えする。その上で第三弾の話を始める」
スタッフ:「し、しかしそれだと時間が…・・・」
呼子プロ:「できるだけ時間を確保してくれ」「常連のみなさまにも、初めての方々にも、十分にご満足いただける講演にする。それが『ミスター・マンプロ』としての私の務めと理解しているつもりだ」
スタッフ:「……ですが呼子プロ。当日の午前中のスケジュール、把握しておられますか?」

スタッフが躊躇するのも無理はありません。11月26日の午前中、呼子プロには別業務でプレゼンターの役割がありました。

スタッフ:「そんな無理をされたらお体にさわるのでは?」
呼子プロ:「大丈夫、私なら問題ない。それよりも資料の作成手伝ってくれるか? 大変な作業になると思うが」
スタッフ:「……もちろんです!」

そのような呼子プロの決意のもと、急遽講演用資料が大幅に増量されることになったのです。
そして午後3時、セミナーが開催されました。赤坂プロが司会を務める中、翔設計代表取締役貴船からの挨拶が朗々と響き渡ります。そして、呼子プロの名が呼ばれました。

60余名の真剣なまなざしを前に、呼子プロは思います。

――なんとありがたく、かけがえなく、やりがいのある務めであることだろう。
――では、話そうか。

呼子プロが口を開きました。こうして、2016年最後の講演がスタートしたのです。

セミナー 「理事会の為の大規模修繕の進め方 第3段」~成功例に学ぶ資産価値向上の近道~

第三弾は、以下の構成で進められました。

  • 1.前回までのあらすじ
  • 2.老朽化マンションの進む道
  • 3.計画修繕と改修の重要性
  • 4.経年による社会的陳腐化
  • 5.社会的劣化の改良例(バリューアップ実例)
  • 6.防災力の向上
  • 7.耐震改修
  • 8.マンションの設備
  • 9.多世代共生型マンションをめざして

セミナー開催を告げる赤坂プロ

セミナー開催を告げる赤坂プロ

これまで以上の気合で講演に臨む呼子プロ

これまで以上の気合で講演に臨む呼子プロ

情熱と冷静の間

情熱と冷静の間

そして終盤になり、事件は起きました。
呼子プロの声が出なくなったのです。
朝から喉を酷使してきた、これが代償でした。
それでも、掠れた声のまま話し続ける呼子プロ。
何度も水で喉を濡らしながら、ギリギリのところで声の形を保たせ、話し続けます。
少しでもフォローしようと、ハウリングを起こさないように気をつけながら音量を上げる音響スタッフ。

なんとか声のコンディションを整えようとする呼子プロ

なんとか声のコンディションを整えようとする呼子プロ

そんな中、呼子プロが放った言葉があります。

呼子プロ:「……困ったな」

その言葉をマンプロスタッフたちは忘れないでしょう。
言葉が発せられたのは、タイムキーパーが、予定終了時刻5分前であることを告げた直後でした。
そう。困ったという言葉は、「時間が足りない」という意味だったのです。
溜まりに溜まった疲労、ついに出なくなった声。満身創痍の状態ではありましたが、そんなことよりも。

――お越しのみなさまに、今日用意したすべてを伝えること。

それこそが、呼子プロにとり、最も重要なことだったのです。
その言葉を聞いたタイムキーパーが、用意していた「終了」のプラカードを掲げることはありませんでした。
この講演の終了のタイミングを決めるのは私でなく、呼子プロだ。そのような思いがあったとのことです。タイムキーパーとしては決して褒められた行為ではありませんでしたが、それを責める者もまた、この会場には一人としておりませんでした。

予定時間を10分オーバーして、情熱あふれる講演が終わりました。
そんな講演で語られた内容をお知りになりたい方は、「プロに相談」コーナーまで。
プロが熱くお答えいたします。

懇親会(忘年会)

今年最後を飾るにふさわしい講演のあとは、「家具転倒実験機 てんとう虫」の実演と紹介動画公開を挟みつつ、みなさまお待ちかね懇親会のはじまりはじまり~!
今回の懇親会は忘年会を兼ねておりましたので、いつもとずいぶんおもむきが異なりました。
ここからはみなさまの楽しそうな様子を写真でお送りいたしますので、雰囲気を感じていただければと思います!

てんとう虫実演の様子

てんとう虫実演の様子

理事のみなさまとプロたち

理事のみなさまとプロたち

笑顔あふれる懇親会

笑顔あふれる懇親会

スタッフー!

スタッフー!

とったどー!

とったどー!

楽しいくじ引きタイム

楽しいくじ引きタイム

一人だけグーを出した決定的瞬間

一人だけグーを出した決定的瞬間

今回ほどあっという間に時間が過ぎていった懇親会はなかったのではないでしょうか。
解散の時間になり、みなさまとても満足されたご様子で帰られていったのが印象的でした。

さて、次回のセミナーは翌年の2月25日(土)、「マンション建替えに向けて管理組合はどう取り組むか【後編】」です。
もちろん懇親会(会費1,000円)も開催いたしますので、みなさまぜひご参加くださいませ。
セミナー懇親会申込みフォームよりお申し込みいただけます。

投稿者:マンプロ編集長 (22)
LINEで送る
Pocket

運営会社:株式会社翔設計
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-24-15
鈴福ビル
電話:0120-030630
FAX:03-5410-2560
e-mail:info-manpro@sho-sekkei.co.jp

side_bn_02